熊本でとれる高品質で純度の高い馬油を使用した手作りの馬油石鹸や化粧水、馬油を提供いたします。
 

アトピー性皮膚炎の原因と予防法

アトピー性皮膚炎の原因と予防法

乾燥肌や敏感肌、肌荒れなど、お肌には様々な肌トラブルがあります。なかでも、アトピー性皮膚炎でお悩みの方は多いのではないでしょうか。こちらではそんなアトピーの原因や予防法に関する情報をご紹介いたします。アトピー性皮膚炎になってしまうのには様々な原因があります。

そんな原因のなかには、避けることが難しい遺伝的な素因もありますが、その他には改善可能な原因もあります。
こちらで主にアトピー性皮膚炎の原因になっているものをご紹介しますので、チェックしてみて下さい。

食生活

農薬が使用されている食材、砂糖の過剰摂取など、これらが原因になってアトピー性皮膚炎が発症することがあります。農薬の使用されている食材を摂取することによって、体が上手く消化できない場合があります。そうなると体には分解できない栄養素が生まれてしまい、その分解できなかった栄養素を悪いものと判断し、体内からかゆみの原因となるヒスタミンが発生すると考えられています。

また、砂糖は悪玉菌のエサとしての役割を果たしてしまい、悪玉菌が増加する原因になるとされています。腸内環境に悪玉菌が増加すると、腸の働きに異常をもたらして消化する力が低下する場合があり、アレルゲンが体内に入ってきた時も消化できなくなってしまうのです。
アトピー性皮膚炎に悩まされている方は、食生活にも気を配ることで改善に向かって進むことができますので、普段の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

生活環境

長時間居続ける空間にも注目してみましょう。例えば、ほとんどの方が自宅で就寝すると思いますが、その空間にダニやハウスダスト、花粉、ペットの毛などのアレルゲンがあると、アトピー性皮膚炎に悩まされる確率は上がります。そのため、長時間居続ける空間はこまめに掃除をしたり、換気をしたりして、清潔な環境づくりに励みましょう。

特に寝具やカーペットなどには、アレルゲンとなる物質が潜んでいますので、意識して清潔な状態を保ちましょう。このように、アトピー性皮膚炎になってしまうのには様々な原因がありますが、予防方法も多くあります。アトピー性皮膚炎に悩まされている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

肌の乾燥

私たちが本来持ち合わせている保湿力は非常に優秀で、肌が保湿されていることで様々な有害物質から体を守っています。しかし、肌が乾燥した状態は角質層に隙間ができてしまっている状態で、その隙間に有害物質が侵入することによって炎症を引き起こしてしまうのです。

馬油使い方


○馬油石鹸またははちみつ馬油石鹸で洗う。当社の石鹸には馬油が45%配合しているため、洗い流したときに汚れを落とし潤い(馬油)を残す特徴があります。(お肌の症状に合わせてご使用下さい。 
石鹸を直接お肌へ、泡を作りお肌へ、石鹸をタオル付けお肌へなど・・・)


馬油特有の抗酸化作用 殺菌効果あり、細胞レベルで存在する中の空気を追い出し、細胞が老化・腐敗に大敵な酸化を防いでくれるのです。同時に表面には薄い膜を張る作用もあります。これが2つ目の力「殺菌作用」です。

○入浴後少し水分を残したまま全身をふき、残した水分と一緒に馬油を塗ります。入浴後は毛穴も開いているため角質層までとどきお肌に潤いをあたえます。かゆみが取れない場合は少し多めにとりすり込むように塗ります。多めに塗るとべたつき感がありますが数分で浸透しお肌に馴染んでいきます。

アトピー肌には『PURE100%馬油』がお勧めです。成分は馬油のみの無添加無香料商品です。

ページトップへ