熊本でとれる高品質で純度の高い馬油を使用した手作りの馬油石鹸や化粧水、馬油を提供いたします。
 

馬油クリームの正しい使い方

馬油クリームは乾燥肌や肌荒れで悩んでいる方に、おすすめの保湿クリームです。
馬油クリームで保湿をして潤いのある肌を維持していただくために、正しい使い方をご紹介いたします。

塗る前に清潔にする

顔や体に馬油クリームを塗る前に、塗る箇所を清潔にしましょう。
顔に塗る場合はメイクをしていなくても顔を洗い、体に塗る場合はお風呂に入るか塗る箇所を石鹸で洗って下さい。私たちの身の回りには小さなゴミや細菌がたくさんいるため、きれいに見えても皮膚の表面は汚れています。馬油をしっかり浸透させるために、必ず清潔にしてから馬油クリームを塗りましょう。

馬油クリームを塗る順番

馬油クリームの正しい使い方

洗顔のあと肌を保湿するために馬油クリームを塗る場合、塗る順番を間違えてはいけません。一般的な保湿用の乳液は、化粧水のあとに塗るのが普通ですが、馬油クリームは必ず化粧水の前に塗って下さい。
(化粧水の入れ過ぎに注意して下さい)
通常の乳液を化粧水よりも先に塗ってしまうと、乳化剤の影響で水分を弾いてしまいます。しかし、馬油は先に塗ってもすぐに馴染むため、水分が入るスペースを作ることができ、化粧水も肌に浸透していくのです。

もう一つ気をつけていただきたいのが、馬油クリームを塗っただけでスキンケアを済ませてはいけないということです。肌の潤いを保つためには、油分と水分の補給が必要です。馬油クリームを塗っただけでは油分だけを肌に塗った状態のため、水分が不足して乾燥肌になってしまいます。馬油クリームを塗ったあとは、必ず化粧水をつけて水分も補給して下さい。
(個人差があります。日々化粧水の量を調整して下さい。冬季は化粧水を使用しないこともありです)

○注意○
上記で化粧水を使用する説明をしていますが、あくまでも一般的であり使用の順番を説明しています。
当社は横浜と福岡に直接販売を実施しアンケートをとっていますがお肌の状態が良い方、改善した方の大半は化粧水を使用していません。特に敏感肌の方は化粧水を使用しないことをお勧めします。


オイル系(馬油、ホホバ、オリーブなど)のスキンケアをする場合は水の入れ過ぎは注意です。
乾燥が増します。毎晩綺麗に洗顔し馬油をたっぷり塗る、これが基本です。

馬油は夜にたっぷり

洗顔、入浴後(毛穴が開くとき)にお好みの馬油をたっぷりとり顔や全身、しみしわには多めに
すり込むよに塗ってください。アトピー肌やお肌が弱い人は薄く伸ばしやさしく塗ってください。

かゆい箇所には馬油を多めにとりすり込むように塗り、治まらない時はまた多めに塗ります。
必ずすり込むように塗ってください。あせもも同様に多めにすり込みます。

アトピー肌は馬油石鹸またははちみつ馬油石鹸でやさしく洗い流し、少し水分を残したまま
馬油を塗ってください。アトピー肌、ニキビ肌、敏感肌、安全な馬油をお求めの方は

・PURE100%馬油             成分:馬油のみ
・ホワイト高給馬油 無香料  成分:精製馬油 ミツロウ
・EX高級馬油 無香料          成分:精製馬油 ミツロウ ワセリン
上記の3種類の中からお求め下さい。



当社は大量生産はせずにできたての新鮮な馬油を提供する様に心掛けております。
安心してお求め下さい。

また、馬油の使用方法などお困りのことはフリーダイヤルでお電話下さい。
0120ー4874ー55(シワなしゴーゴー)まで

 

ページトップへ